体臭についての対策

体臭の原因

体臭というと「加齢臭」や「オヤジ臭」などと言われ、男性の悩みというイメージが強いですが、女性にとっても人ごとではありません。

加齢臭の原因となるのは「ノネナール」という脂肪酸の一種で、男性では40代、女性では50代から増加すると言われています。ただし、個人差があるので、早ければ20代から増えてしまう人も。
体臭にも色々あって、このノネナールは、アポクリン腺から発せられるツンとしたわきのニオイや、エクリン腺から出る足の裏のニオイといった汗腺由来のニオイとも異なる、皮脂腺由来の独特のニオイがします。

このような体臭を強める原因は、生理現象や生活習慣にあると言われています。

生理現象でいうと、閉経や排卵後のタイミングで体臭が強まることがあります。女性ホルモンはニオイを抑制しますが、男性ホルモンは逆に皮脂腺の動きを活発にさせる作用があります。
そのため、閉経すると男性ホルモンが増えてノネナールを発しやすくなるというわけです。
また排卵日の前後になるとホルモンバランスの乱れから、皮脂の分泌が活発になりニオイがきつくなる原因に。
ストレスや飲酒、タバコ、食生活といった生活習慣も大きな要因です。

ストレスが強まると自律神経が乱れて、汗や皮脂の過剰分泌を促します。またアルコールは代謝される際に発生するアセトアルデヒドや酢酸などがニオイの元になり、汗となって排出される時に体臭となります。
タバコにはニコチンなどの有害物質が含まれ、これも汗と共に排出される際にニオイが発生します。
そして、油っぽいものを食べ過ぎるなど偏った食生活は、皮脂の分泌を必要以上に促し、ノネナールの元となってしまいます。

このような体臭には、こまめに体を拭いたり洗い流して、清潔に保つことが一番ですが、生活習慣を見直すのも一つの方法かもしれません。